« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土曜日)

ニッポン商店と、ミンシュトウの物語

【 ニッポン商店と、ミンシュトウの物語 】

・あるところに、赤字続きで経営が苦しいお店があった。
原因は店長の経営方針のミスだ……と責任を問われてる中、
「今の店長が悪い!一度、俺に店長をやらせろ!そしたら売上アップ間違いなし」と
大声で主張する人が現れた。しかしこの人は、お店を経営した経験が一度もない。

・さらに店員たちに対して約束した。
「全員の給料を26000円増やします!」 ← 子ども手当
(ただし、ボーナスを大幅に減らす事はナイショ ← 配偶者・扶養控除廃止)

・そんなお金どこにあるの?と聞かれたら、
「お金は、ここにある!これを使えばいい」と金庫の現金を見せた。 ← 外貨準備

(でもそれは取引先に支払う分のお金で、手を付けたら商売終了なのは、ナイショ)

・その時、近所で大火事が発生。あちこちに燃え広がり、そのお店にも火が! ← 
米国金融危機
「話は後だ、まずは火を消せ!店が燃えちまう」と消化作業に向かう店長。しかし、
「火事なんかどうでもいい。俺が新店長になって、経営を立て直す方が先」
「そもそも俺が店長をやっていればこんな火事は起きなかった」
「俺が新店長になることこそ最大の消火活動」などと、わけのわからないことを主
張。

・「何を言ってるんだ、店が無くなると元も子もないだろ!」
「お前も店員の一人なんだから、協力して一緒に水をかけろ」と、諭されると、
「……協力してもいいけど」と呟きながら、最後にこう切り出した。
「それよりも店長を選ぶ日をいつにする?それを決めてくれたら協力する」 ← 鳩
山発言

果たして有限会社「ニッポン商店」は、この先生きのこる事が出来るのか?次回に続

たんたん

久しく更新してませんでしたが再開w

ところで「たんたん狸のキンタ○はー 風もないのにブーラブラ」とかいう歌はご存知でしょうか。

多分日本各地で小学生時代を中心に一度は聞いたことがあろうかと思いますが、

なんとこの曲(歌詞ではなく曲)、賛美歌が発祥だったんですなぁ。

この前調べてはじめて知ったw

賛美歌678番 「まもなくかなたの」

2009年1月 1日 (木曜日)

新年明けましておめでとうございます

Photo_3

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »